【二次】まさまさ15まで+掌編たち+こめまさ舞台、竜二くんのことなど

どうも。読ませる気のないダラダラびっちり文章ですが適当にどうぞ。

先日こめさんの舞台を見に行ってきました。すごいよかったです。縦長の小屋でそこまで広くはないので、前の方に座るとこめさんの表情が微妙に変わるのとかよく見えます。こんな変態がそばにいきすぎてすみませんっていう席だったんで、途中すごく近くにいらっしゃるときに申し訳なくなりました。(笑)

すごいですねーやっぱり役者なんだなとかアホなことを思いました。
だってTVのほうが圧倒的に多いし、そうそう生で彼のお芝居を観るってできないですよ。主役のトダケイコさんは、こめさんより大先輩だし、もともと児童劇団からやっている方だから正直キャリアは違うんですよね。でも渡り合ってるこめさんはすごいなと圧倒されたし、ふたりとも還暦過ぎてんのかよ……と茫然です。
セリフが長い長い。間髪入れずにやりあう感じ。
こめさんは初めて聞く喋り方。文字だと表現しにくいです。まったり喋る。いつもの凛とした感じじゃなくて、まったり。でも、穏やかにいようとしているって感じ。俺はもう昔の俺じゃありませんよって抑えて生きてる感じかな。
そうそう。元荒くれ者っぽいんですよ。
その時代、観たかったんですけど??? と、あらくれこめさん好きの有沢は思った次第です。だって人ぶん殴ってたっぽいんだわ。タコ殴り。(笑)政系じゃなくてリョウジ系な予感。(笑)それで白いパンツはいてたから何それリョウジって妄想飛躍したんだけど、そんなこと連想するバカは私しかいないんでしょう。こめさんよく履いてるっつーの。似合うってすげえっつーの。

超切り取られた感想ですけど、こめさんはそんな感じ。
白衣が観られて満足だし、ソファで脚くんで新聞読んでる姿は色っぽかった。とにかくぜんぶよかったんでもうこれでおしまいにします。(笑)
もう一回は行きますが、またもうすこし離れた席で観たいなという気持ち。次も贅沢すぎる席なもんで……。一週間の公演っていうのも、なんか潔くてプロの仕事!って感じが気分良いです。……これから書く芝居への嫌味じゃないんですけどぜんぶ嫌味になるな。(笑)

5、6月はまさきさんの舞台に行きました。すごい行った。(笑)
これもまた、ど変態がこんなにそばですみません、まじ空気感染で腐らせちゃうごめんって罪悪感でした。エロかったですね~市蔵さん。いつもエロかったけどエロかった。みんな大好きな元結い切られてバッサーならぬ、紐切れてバッサーだったんですよ。戦闘中に危うくなってきてロン毛がバッサーってなるんです。理解しすぎているよ、われわれの趣味を。こわいよ。また殺され方もちょっとエロくて、集団に襲われすぎです。あれは象徴的な描写なのだと解釈しておきました。←
つか、また死ぬんかい。死なれると次がないんだってば。困ります!

さて、そんな死にまくりのまさきさんの、ほぼ元祖みたいなのが竜なわけですが(信乃ちゃんが先だけど)、ここへ来ておったまげな後継者が来ました。
Twitterでも騒ぎましたが、けっこう買って読んだ方がいらっしゃって嬉しかった。「ヒッサツ仕置長屋」のあの子。タイニーリトルボーイとでも呼んでおきましょうか。(?)

何それ? という方こちらで在庫あれは購入できます。
公式で竜関係の新キャラが出たんですよって話です。

いろんな受け止め方があると思うんですが、自分は最終的に打たれて感動、受けいれました。最大限の限界値までの竜への愛とリスペクトだなって思います。もう竜を観ることはたぶんできないんですが、でもああいう形で観ることもできるのかと衝撃。
わたしのような二次創作作家にできることって、危ない橋を渡りながらも、政竜好きの人のテンションをたまにアップさせることしかできないし、でもそれが実は火を絶やさないってことにも繋がるとマジで思うんですよね。
だってわたしも政竜嵌まったときに、だいぶ前から書いてくれている人が残してくれた作品を読んで、っしゃー!! ってガソリン入ったから。(笑)そのおかげで好きな気持ちがマシマシになって、生活のなかでも政竜に心を占拠される時間が増えて、で、なにかあったら公式に金をちゃんと落としますよっていう。そういうサイクルができあがってるし維持されてるので。
自分がテンションアップに貢献できるのか不明ですけど、いつも数名はかならず喜んでくださるからまあいいかなと(笑)。

竜二くん。これですこし火が点いて、竜中さんの実写版とか観られるといいんですが。
もうあとは我々の仕事ですって感じです。(笑)←

……

とかいいつつも、もうすっかり更新止まっちゃってますが。
まさかの政マサこと「あんたに よく似た」(15)まで上がっています。
Twitter鍵にしちゃったら、読めなくなっちゃった人多くなっちゃったみたいで。すみません。手間ばっかかけて。

あとは埼玉Dさんの掌編「いまだ、ゆくえ知れず」をpixivに、
竜二くんの掌編「一筆啓上、兄の背が見えた」もpixivにあげています。
最近はそんな感じですかね。

つくづくWeb小説には向かない作品たちですけど(ていうか二次創作にぜんぜん向かない感じだねこれ)、できれば静かな場所でひっそりと読んでいただけたらワシは嬉しいです。あとエロがなくてごめんなさい。がっかりした感じ伝わってくるんだ。いろんなところから。(笑)
それ以前にこめさんがいなくてごめんなさいだよ!
でも個人的には、埼玉D掌編の「あの人」のイメージはそらぁあんた、皆まで言わせるな! 照れるぜ!

竜二くんは終われるようにも続けられるようにも書いていますが、気まぐれにやっていきますね。まさまさもちょっと不満なので、いい感じになったら出します。
いつになるのか気が遠くなるけど。

それじゃあまた。

絵の下の方をぶったぎる気だったのに忘れたまま出しちゃいました。
眉間の皺をもっと足すと竜になるんだぜ。(誰にも伝わらないよ~~)
兄ちゃん! 兄さん! あにき! なんて呼ぶのかな。かわいいね!
彼にもこめさんの顔をした彼氏ができますように!←

追記
「俺たちのかわいい弟」
Twitterで遊んでたのを纏めてさらにくだらないのを追加しました。
小説書きの落書きということで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です