悲愴19話。哀は誕生日です。優子さんありがとう!

「悲愴」19話を上げました。
今日は哀の誕生日!
LSDでパーリナイ後、晧と一緒にしっぽりですね。
(深い意味はござーません・笑)
新悲愴では哀ちゃんのセリフも行動も、
他のキャラのセリフも行動もすこし変わったり増えたりしているので、書いていて楽しいです!
昨日水谷優子さんの訃報を聞いて号泣したわたしでした。
水谷さんをはじめ、90年代の声優・アニメ最後の黄金期を築き上げたメンバーがいなくなるというのは、ほんとうにつらいです。
だけど優子さんにはほんとうに思い入れがありました。
めっちゃくちゃ好きでした。
ミニーにどれだけ人生でお世話になっているか。
改めて知ったわけです。
もうわんわん泣いた。久しぶりに声上げて泣いた。
優子さんが大好きで尊敬していた富山敬さんに、まだ連れて行かないで! って叫んだ。
こういう生活の中に根付いてる人がいなくなるというのは、
日々いなくなることを実感させられることが多いです。
さっそく家のどこにいても、優子さんの声でしゃべるミニーがあちこちにいて、つらいつらい。
きっつい。
死とは悪いことではないので、本来はある意味、お疲れ様でしたと送り出すべきことですが。
乳がんとか、悔しすぎて。
治るんですよ。
マンモじゃないし、手術でもないし、抗がん剤でもない。
悔しい。ほんとうに悔しい。
悔しすぎて悔し涙が出ます。
ことしは訃報続きで、喪失感がすごい。
生きるの怖くなっちゃいますね……。
だけど命がある限りは、粗末にせず、まっとうせねばならないのだと、優子さんの役者魂を想いながら、頷きました。
年齢じゃない。その年齢ぶんを、どう生きたのか。
生き方、貫き方、志ですね。
これからいちいち辛いのが見えているのできついけど、でもさいごまで「仕える事」をした優子さんに、感謝をして、みならって、いきねばと思います。
ちょっと重いブログばっかでごめんなさいよ~。
さびしいね、ほんと。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です